教科書という宗教から抜け出そう


例えば飛行機の無かった時代に「空を飛ぶ乗り物」を作ろうとして、命まで落とした人達が居ました。「愚かだ」「出来るわけがない」と言われたそうです。


その後、人類は月に降り、今では他の惑星に移住する計画まであります。教科書には「物体は光速を超えることは不可能」とされていますが、であるにもかかわらず、時空を超える夢を見ている人達が居ます。
さて、今度も「愚かだ」「出来る訳がない」と言われてしまうのでしょうか。


教科書は観察された現象のしくみや出来事の経緯を解いた過去の発見の記録でしかありません。また、真に正しいとも限りません。
私達は規格や教科書は絶対という宗教から抜け出し、「出来たらいいな」「有ったらいいな」にチャレンジし続けます。

商品サービス案内