本文へスキップ

  「こんな物があったらいいのに」を形に 

TEL. (代)025-283-2323

〒950-0947 新潟市中央区女池北1-7-17



      

省エネは 窓の方位、遮へい係数、熱貫流率 で決まります

TOPICS

  • 一般的な日射調整フィルム(遮熱フィルム)は太陽の日射熱をカットするので夏には効果を発揮しますが、冬にも日射熱を遮ってしまうので暖房を使用する条件下では暖房費を増加させてしまいます。遮熱フィルムの本来の目的は「ヒートアイランド対策」であり「年間を通しての省エネ」ではありません。  省エネが目的な場合、空調使用時間帯、窓の方位、遮へい係数、熱貫流率によって大きく変化します。例えば東京の気象条件で、空調使用時間帯8〜18時を例にすると、西の窓では「遮へい係数小さく、熱貫流率は小さい程」、南の窓では「遮へい係数は大きく、熱貫流率は小さい程」省エネ効果(通年の空調負荷軽減)になります。
  • 上記のように熱貫流量(率)が非常に重要なポイントになります。弊社では断熱性能にとことんこだわり、弊社史上最高の断熱性があるOPtune(オプチューン)を開発しました。

NEWS新着情報

2017年
OPtuneシリーズ発売
2016年
慶應義塾大学SFC研究所共同開発開始
研究名「真空を使わない条件付き完全断熱システム」
2011年
NT90X発売
2010年
羽田空港様に採用されました

ナビゲーション

ナビゲーション

株式会社新潟テクノ

〒950-0947
新潟市中央区女池北1-7-17

TEL (代)025-283-2323
FAX   025-281-6200
mail:
sales@niigata-techno.com

newpage10.htmlへのリンク