中小企業のための部品輸入サービス

30年前、アメリカの労働者が日本製電化製品や車をハンマーで壊し、安くて質の良い製品が労働市場を奪っていると抗議していたニュースが流れていました。今日では安い中国製品が世界を席巻しており、日本での生産活動には逆風になっています。そうした背景から日本企業は安い労働賃金を求めて中国・東南アジアに生産拠点を移行し対応してきました。


一方、ニュースでも見ようとリモコンを操作していると、テレビが映らずリモコンを叩くと、テレビが映る…。リモコンの裏を見れば Made in China の文字が。こんな経験ありませんか。そう、30年前の状況とは少々異なっています。中国製品は安いですが、良い製品というわけではないのです。品質は徐々に良くなってきていますが、リモコンがその答えを反映しているのではないでしょうか。


弊社では中小企業様を対象に「材料+半加工」の輸入をご提案しております。安い半加工製品を輸入し、日本で仕上加工をすることで、下記のような海外進出組には真似の出来ないメリットがあります。

  • 材料コストを下げられる
  • 品質を維持できる
  • 日本の雇用が確保できる
  • 海外自社工場の場合、売れ行きに無関係に工場を稼働させなくてはいけない義務が発生するが、このサービスは稼働義務はない
  • 為替動向を見ながら在庫を増減できる(80円/$時は大量発注、120円/$時は発注を控える)
  • 新製品等による新規設備投資が不要
中国語も心配せず、国内取引感覚でご利用頂けますので、まずはお見積りだけでも、お気軽にお問合せください。


  • 海外事業
  • 海外事業

事業案内に戻る